FC2ブログ
  • «
  • 2018'12:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラフープ女

転載元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?317

俺が大学一年の頃、高校で同じ部活のやつと二人で東北の旅をした。
その時に俺の希望で恐山に行った。

それまでは俺には霊感とかそういう類いのものはなかったが、その旅から帰ってきてから不思議な出来事が起きるようになった。

ただ、元々どんくさいので大抵は恐怖心を覚えないんだけれど、一回だけゾッとした経験をした。

当時は不眠症で、結局寝付けずに夜中の二時か三時くらいにコンビニに行くのが日課だった。

夏も終わりくらいで、夜は気持ちいい感じに涼しく、鈴虫が鳴き始めている以外は本当に静かな住宅街を十五分ほど歩けば目当てのコンビニがある。

そこに向かう途中にはちょっとした畑があり、続いて茶屋、本屋と並んでいる。

畑の辺りに差し掛かったとき、本屋の前で白いものがパタパタと動いていた。

俺は目が悪い上に普段散歩する程度なら眼鏡をかけないのでそれが何かわからなかった。

たしかここら辺にはコニカだかキャノンだか写真屋のあの風でクルクル回る看板があったはずだからそれだろうと思い込んで、特に気にせず歩いていた。

煙草を一本吸ったので足で消したときふと気付いたんだが、そんな看板がクルクル回るほど風は吹いていない。
というよりほぼ無風だ。
そこでおかしいと思うべきだった。

茶屋に差し掛かったとき、本屋の前にある「それ」が何かわかり、全身の血が逆流するような恐怖を覚えた。

...続きを読む

スポンサーサイト

本物の人間

転載元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?317

真冬にど田舎の山道を車で走っていたとき、
道のど真ん中に人影があった
若い女性で顔が血まみれになっていて、車を止めようと通せんぼしていた
幽霊なんて初めて見た俺はもうパニックですわな
怖くなった俺はクラクション鳴らして通ろうとした
女を車で押してどかしたのだが、窓ガラスをバンバン叩いたのでちのてがたが…
命からがら逃げられたので何もなかったのが幸い
かえって布団でマナーモード

で、翌日の新聞に20代の若者が崖から車で転落死した事故が載っていた
少し離れた場所で仲間と思われる女性が凍死していたのも報じられた



俺が見たのは本物の人間だったのだ

幽霊の声が聞こえるエレベータ

転載元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?317

兄貴の話で、別に怪談でもないんだが
エレベータに乗ると幽霊の声が聞こえるって噂のマンションがあった

そのマンションでは、誰かがエレベータに乗ってる時に
どこからか声が聴こえてきて「おやじ」とか「いないのに」とかぼそぼそ喋るらしい

声は、男性の低めの小さな声で、聞き取りにくい感じで喋るらしい
何回か同じような声を聴いた人がいて、
最後に聴いた人の話では「おやじ」って繰り返し呟いていたらしい

その内、エレベータの幽霊のお祓い?お清め?を行ったらしい
それからしばらく、声は聴こえなくなったらしい

だが、しばらくして、またエレベータで
前よりゆっくりしたくぐもった声で「お や じ」っていう声が聴いた住人が出たらしい

...続きを読む

ゴミ置き場の箪笥

転載元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?317

ある日、買い物に行く最中、何気に粗大ゴミ置き場を見ると箪笥が置いてあった。
今の安普請な感じな作りの物では無い、要所要所に飾り彫りの施された金具が取り付けられた立派な桐箪笥だ。
ぱっと見た限りではその箪笥は何処にも壊れた箇所がなく、間違っても粗大ゴミ収集場に置くような状態とは思えない。
だが、目立つ位置に粗大ごみ収集の為のシールが貼られており、明らかに捨てる為におかれた物なのだろう。

 ……何でこんな良いのを捨てるんだろうなぁ、勿体無い……などと思いながらあれこれ観察し、
そしてやっとその理由を見て、俺は即座にその場を立ち去った。

 ――目が合ったのだ、箪笥の半開きとなった小物入れの戸の隙間から此方を伺う、何者かの目と。

 その後、買い物の帰り道に恐る恐る同じ場所を通った時には、既に箪笥は其処には無かった。
出来れば、誰かが拾ったのではなく、収集業者が回収して処分したと思いたい。

大きな黒い穴

転載元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?317

当時友人Aが中古の安い軽を買ったので、よくつるむ仲間内とあちこちドライブへ
行っていた、その時におきた不気味な出来事を書こうと思う。

ある3連休、俺たちは特にすることもなく、当然女っけもあるわけもなく、意味も無く
俺、A、Bで集まってAのアパートでだらだらとしていた。
そしてこれもいつものパターンだったのだが、誰と無くドライブへ行こうと言い出し
て目的地もろくに決めず出発する事になった。

適当に高速へと乗ると、なんとなく今まで行った事の無い方面へと向かう事にな
り、3~4時間ほど高速を乗りそこから適当に一般道へと降りた。
そこから更に山のほうへと国道を進んでいったのだが、長時間の運転でAが疲れ
ていたこともありどこかで一端休憩して運転手を交代しようという事になった。
暫らく進むと車が数台駐車できそうなちょっとした広場のような場所が見付かった。
場所的に冬場チェーンなどを巻いたりするためのスペースだろうか?とりあえずそ
こへ入り全員降りて伸びなどをしていると、Bが「なんかこの上に城跡」があるらし
いぞ、行ってみようぜ」と言ってきた。

...続きを読む

怖い夢を見て叫んでいる人が恐い

心霊とは関係ありません。

金縛りにあいながら現実なのか夢なのか分からないまま怖い現象に見舞われることがちょくちょくある。
今日は来そうだな、って日もあれば、突然来ることもあるし、何か違和感を感じ取った日は期待通りにくることもある。
基本的には心霊とかそういう類には恐怖しない方なのだが、夢の中だけはそうはいかない。発狂してしまうことがよくある。よくあると言っても年に数回あるかどうかだが。

それが久々に突然やってきた。


金縛りに逢い発狂している。


夢の中で何か怖い目に合っていた気がするのだがそれまでの記憶がない。ただ狂っているのである。

しばらくすると、玄関のチャイムが鳴りドアを叩いている音が聞こえる。
締めていたはずのドアが開き誰かが入ってくる。
そこでまた気が狂いそうになり、意識が遠ざかりそうになり、気が付くとドアは閉められていて金縛りにあったままの状態にいる。
外ではチャイムを鳴らしに来たであろう人が足音をコツコツと鳴らしている。

恐らく、発狂した声に心配した隣人が心配して様子を見に来ていたのだろう。チャイムを鳴らしてくれたのだろうが、夢と現実が重なり合っており一人恐怖に縮こまっていた。

過去にもこういったことがあったのだが、想像してみると体験している自分より聞いている隣人の方が恐いなと思った出来事であった。

いやー、怖かった。

天井裏のざわつき声

転載元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?317

高校を卒業し、進学して一人暮らしを始めたばかりの頃の話。
ある夜部屋で1人ゲームをしていると、下の方から大勢の人がザワザワと騒ぐような声が聞こえてきた。
俺は「下の階の人のところに客が一杯来ているのかな?」とも思ったが、耳を澄まして良く聞いてみると、
声の感じから数人という事はなさそうだ、もっと大勢の人の声のように聞こえる。
気のせいかもしれないが、まるで大きな駅とかなどの雑踏のざわつきのような感じだ。
その時は「そういう映画かテレビ番組でも見ているのかな?」と考えながら、それ以上気にせずにいた。
が、寝る頃になっても一向に「ざわつき声」がなくなることは無く、そこまで大きな音では無いのだが
深夜3時頃まで聞こえていたせいで、結局気になってその日は殆ど寝る事ができなかった。

それから数日間、毎日ではないが夜10時頃から深夜3時頃まで、頻繁に「ざわつき声」が聞こえてくるので
俺はろくに眠る事ができず、いい加減苦情を言おうと階下の人のところへ行く事にした。
呼び鈴を押して暫らくすると住人が出てきた、歳は俺より2つか3つ上くらいだろうか、見た感じ学生っぽく
見える。俺が上の階の住人である事を話し苦情を言おうとすると、その人はいきなり不機嫌になり
「あんた毎日毎日真夜中に何やってんだ、煩くて仕方が無いんだが」と逆に言われてしまった。

(ややこしくなるので、ここからは下の階の人を仮にサトウさんとしておきます)

意味が解らない俺は、事情を最初から話して下のほうから殆ど毎日のように大勢の人のざわつき声の
ようなものが聞こえてくると話すと、サトウさんは「ざわつき声」が夜になると“上から”聞こえてきて、そろそろ
大家か不動産屋に苦情を言おうと思っていたと話し出した。
その話を聞いて、俺は理由は良く解らないが何かいやな感じがしてきた。
あれは明らかに人の声だ、何度も聞いているから聞き間違いは無い、それにサトウさんも「大勢の人の
ざわめき」である事は間違いないという。
暫らくの沈黙の後「…天井裏に何かあるのかな?」とサトウさんが言ってきた。

...続きを読む

New «∥Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。