FC2ブログ
  • «
  • 2018'12:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の電車

転載元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?307


夜の9時頃、電車に乗っていた時、寝こけていたらしくハッとして目が覚めた。
向かい側の網棚の上に、スーツ姿のおっさんが横になっていた。
おいおい、酔っ払いかよ…と呆れて周りを伺ったけど、誰も気にしていない。
よく見るとおっさんは白目をむいてた。酔っ払いにしてもヤバくね?と思ったら、
近くにいた女が大音量でキャーッ!!!と叫んだ。周りがざわついて女を見たけど、
すぐに迷惑そうに皆目を逸らして興味を失っていった。
自分も目を逸らしたら、おっさんが視界に入った。
おっさんの目が真っ赤になっていた。瞳じゃなくて、眼球全体が血みたいに真っ赤。
女がもう一度キャーッ!!!と叫んだ。今度こそ皆、女を完全に無視した。
おっさんの存在と女の叫び声で、変に心臓がドキドキしていた。
次の駅に停まって、乗り込んで来た人が網棚に荷物を乱暴に置いた。
あっと思った時には、もうおっさんはいなかったし、女は叫ばなくなった。
時々思い出して、夜の電車が嫌になる。
関連記事
Comment





        
Top
Trackback
http://xjapannn.blog.fc2.com/tb.php/390-9f874454
Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。