FC2ブログ
  • «
  • 2018'11:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おれ、太郎(仮名)っていうんだ。お前のおじさんだぞ」

転載元:実話恐怖体験談 拾段目


私の従姉妹が体験した話しです。
従姉妹がある晩夢を見ました。
小学校低学年くらいの男の子が出てきて「おれ、太郎(仮名)っていうんだ。お前のおじさんだぞ」と言って、一緒に遊ぼうとせがむ夢です。
翌日、従姉妹は自分の母(=私の叔母)に「こんな夢を見たんだけど、お母さんにそんな兄弟いた?」と聞きました。
叔母はびっくりしました。その太郎という男の子は、幼い頃に他界した叔母の弟だったからです。
そのことを従姉妹に話したことは一度もなかったそうです。
どうしてその従姉妹のところにだけ彼が出てきたかは謎ですが…
きっと自分のことを忘れててほしくなかったんだろうと親戚一同で話しました。
関連記事
Comment





        
Top
Trackback
http://xjapannn.blog.fc2.com/tb.php/423-92147e90
Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。