FC2ブログ
  • «
  • 2018'11:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天を見つめて

転載元:実話恐怖体験談 拾段目


今年の5月ぐらいなんだが、家が農家で畑の手伝いをしていたんだよ。
五月だってのに暑い日でアクエリ飲みながら作業してたんだがそのうちトイレに行きたくなった
いろんなとこにある畑にいちいちトイレなんて作ってらんないから当然トイレ無し
大自然で済ますわけ・・・で、いつもそこの畑では隣にほったらかしの私有林があって
そこは自分の家のじゃないけどトイレはそこで済ましてた。
20~30メートルはある大きな杉の木がいっぱいあって鳥が多いんだよな、でもその日は
鳥が一羽もいなかった、というより鳴き声がしなかったんだよ。おかしいなと思いつつも
迫り狂う尿意に耐え切れずに森に入ってトイレをしてたら森の中に人がいるんだよ。
浮浪者がでるような森だったから人がいたら声かけないようにしてるんだが様子が変
というのもずっと上を見てるんだよ。怪しいから何見てんだ?って後ろから声賭けに近づいたら
そいつの上にある木の枝とそいつの首が紐でつながってんだよ・・・・
要するに首吊り。落ちの読める話だが首吊り死体に声かけちゃったことに恐怖を覚えたよ・・・
しかもそこの畑は家から近い畑なうえに良く作業するんだよな・・・・いまだにそこに行くとガクブルだ・・・
関連記事
Comment





        
Top
Trackback
http://xjapannn.blog.fc2.com/tb.php/425-e7e11ec5
Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。